浴室のお掃除方法

浴室の汚れ

湯あか、水あか、石けんカスなどが複雑に絡み合った浴室の汚れ。汚れの種類や度合いによって、洗剤もちがいます。

浴室洗浄の際は酸性・アルカリ性・次亜塩素の3種類を必ず揃えておきましょう。

汚れの種類 対応する洗剤
湯あか・サビ・エフロ・石けんカス 酸性の洗剤
石けん成分・人の脂 アルカリ性の洗剤
カビ 次亜塩素酸

汚れに対応した洗剤を使用することが、汚れを落とす一番の近道です。
また、浴室は見えない汚れでコートされている場合も多いので、汚れが落ちないという場合はアルカリ性・酸性両方の洗浄剤を試してみるのもよいでしょう。
※くれぐれもよくすすいだ後にご使用ください。

汚れの種類

水垢・湯垢

水あか汚れ

一般的には水中に含まれるケイ酸塩やカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分が堆積てできたもの。バスタブの水位部分に付き白くザラザラしています。

水あかに効果的な洗剤はこちら

石けんカス

石けんカス汚れ

石けん成分や体から出た皮脂成分と、水道水のカルシウムイオンやマグネシウムイオンが 反応してできたもの。

石鹸カスに効果的な洗剤はこちら

カビ

カビ

温度が25度~30度、湿度が70%以上で栄養分があるところにでるもの。特に80%を超えると一気に増えます。湯アカや石けんカス、人間のアカ等が栄養分になってできます。

カビに効果的な洗剤はこちら

カビ(ゴムパッキン)

ゴムパッキン内のカビ

カビの菌糸はとても細く網目の目状に伸ばして成長し隙間の奥まで入り込んで伸びていきます。表面に細かな孔のあるタイル目地や目に見えない傷のあるゴムパッキンなどに生えたカビは、液体カビ取り剤をスプレーしても、奥まで届かず落ちにくいのです。

パッキンのカビに効果的な洗剤はこちら

サビ(もらいサビ)

もらいサビ

ヘアピンなどの濡れた鉄製品にできたサビがステンレスやプラスチックについて「もらいサビ」ができます。
他にも水栓金具などのメッキ製品にも目に見えない極微細な小穴があり、サビが発生することがあります。

サビに効果的な洗剤はこちら

エフロ(白華)

エフロ

目地から出る水酸化カリウム(セメントの成分)と空気中の二酸化炭素が結合し、炭酸カルシウムになった結晶です。

エフロに効果的な洗剤はこちら

鏡のウロコ

鏡 鱗

水道水に溶けているカルシウムやマグネシウム・石灰分やケイ素などの金属イオンが水分の乾燥により残ったものの上に、 シャンプーや洗剤が覆い固まり非常に硬く結晶化したもの。お風呂洗剤の油分が鏡に残ると更なるウロコ汚れの原因になもなってしまいます。

ウロコに効果的な洗剤はこちら